カテゴリ:ドイツの草花、動物たち( 14 )

花いろいろ、そして…

b0008366_481953.jpg
私の大好きなお花、「ストレプトカーパス」です。去年次男を出産した後に母がドイツに来て、ふらっと一緒に立ち寄ったお花屋さんで見つけました。こんなお花、見たことが無かったのですが日本でも売ってるけど、暑さに弱いだとかで、日本で育てるのは難しいお花だそうな。こういう涼しいところが好きなお花は、夏でも冷房のいらないドイツはもってこいです。去年買ったこのお花は巨大になり、置き場に困るようになってきたので、剪定をして刺し芽で増やそうと思っているのですが、どうなるでしょうか。調べてみると簡単に増える、と書いてあるのですがうまくいきますように。
b0008366_4313389.jpg
これはフクシアです。これも日本では少し管理の難しいお花ですが、ドイツでは放ったらかしで咲いてくるお花です。この色合いが私は大好きで、見るとすぐに欲しくなってしまうお花でもあります。カーテン越しの日光がよく似合う上品なお花です。
b0008366_4355184.jpg
野菜も4種類ほどしていて、小松菜、ミズナ、シソ、オクラに挑戦中です。写真は小松菜です。本当は間引きをしなきゃいけないのですが、間引きは何となくかわいそうで出来ないので、このままでいきたいと思います。シソとミズナも芽が出てきています。オクラはドイツのスーパーに売ってて種を蒔いてみたのですが、まだ発芽はしていないようです。オクラなんて日本でもスーパー以外では見たことがないので、興味があるのですが。。

more.. 両生類系、ダメな人は開けないほうがいいです。。
[PR]
by hagebutte | 2009-04-27 05:05 | ドイツの草花、動物たち

ミニバラが咲きました

b0008366_215631100.jpg
去年、頂いたミニバラなんですが、今年も花を咲かせてくれました。バラは庭にでっかいつるバラがありますが、それ以外はやったことがなく、そのつるバラの手入れも夫まかせ。。実はこのミニバラ、去年アブラムシだらけになりまして、外に放ったらかしにしておりました。一回こうなると何だか面倒を見るのもイヤになり実はこの冬もずーーっと外でした。(水やりもなーんにも無し!)バラは寒さには強いとはいえ鉢のまま放ったらかしていたので、どうせ根も凍ってダメだろうと思いきや、新芽をどんどん出して、とうとうお花も咲かせてくれました。またこうやってお花を咲かせてくれると、家の中に取り込んであげたりと、人間って勝手ですよね。

さてさて、ここ連日お騒がせしているノミですが、またここ2日ほどは刺されておりません。毎日のお掃除が効いているんでしょうか。。必ずといっていいほど靴下から素肌が出ているところを刺されるので、ひらめきました、アイデアが!!!

私を救ってくれたのは「レッグウォーマー」です。これで素肌が出ないようにすればいいんじゃん!!!!レッグウォーマーの中をはってまで進入はしてこないので、これで解決!!!だといいなぁ。今日も掃除機の中のポリ袋は冷凍庫へ直行です。
[PR]
by hagebutte | 2007-05-10 22:06 | ドイツの草花、動物たち

がっくり

ノミとの戦いにも疲れてまいりました。3日刺されなかったので、全滅かと思いきや、子供をお風呂に入れようとベビーバスにソープを入れて子供をお風呂に入れると何か黒いものが泡の上に浮いているではありませんか。最近ゴマぐらいの大きさの黒いものに敏感な私は何だろうと見ると、ノミではありませんか!!最初は死骸かと思いきや、指にとってみると動くではありませんか!

まだ、おったんかいな!!(T T)

私にたかっていた、もしくはたかろうとしていたやつが、何かの拍子にベビーバスに神風ジャンプをしたのでしょう。バカなやつめ。つぶすと卵をばら撒いてしまう可能性もあるので、そのまま水道に流してしまいました。そして、石鹸で手を洗ったので、その石鹸で死んだと思います。

絶対にどこかを刺されたなぁと思っていたのですが現在新しく刺された場所は発見に至っておりません。でも、何だかもう全身がかゆく感じる~~。ミョーにちょっとしたかゆさでも「刺してるんじゃないか」と反応してしまうし。。

今日は日曜日だし、掃除機はお休みだー、と思っていたらこのザマです。はぁ。。。掃除機の中のゴミバックの中ででも生きているかもしれないので、毎回の掃除のあとにその袋も電子レンジか冷凍しろと夫に言われましたが、どうも食料品を扱うところにゴミ袋を入れるのは気が進まなかったのです。もうこうなったら徹底的にということで、袋を2重にした袋にまた入れて、冷凍処理しております。
[PR]
by hagebutte | 2007-05-07 04:39 | ドイツの草花、動物たち

戦いは終わりを告げ。。。

ていません!!!!というか昨日日中に刺されたのですが、果たして家の中で刺されたのか、外で刺されたのか、分かりませんが足首なので、またまたノミと思われます。くやしーーい!昨日は昼間にちょっとお天気が良かったので外に食べに行ったのですがその時に刺されたのかもしれません。虫除けのスプレーをするのもすっかり忘れて出かけてしまったのが悪かったのかも。

夜に刺されなくなったので、今のところベッドは大丈夫なのでしょう。毎日掃除、毎日虫除けスプレー、忘れずに続けます。
[PR]
by hagebutte | 2007-05-03 04:38 | ドイツの草花、動物たち

戦いは続いてます

ノミとの。。。うげげ!!!ベッドの上げ下ろし、大変だったのに、まだどうやら生きているようで、その後2箇所また刺され、1回は敵を見つけたので、つぶしました。いずれもベッドの上です。でも、いろいろと調べてみると、メスで卵をお腹に持っている場合、つぶすと卵をばら撒く結果を招くらしく、(ぎえーー)洗剤を入れた水の中に沈めるのが良いのだそうです。

敵を倒すには敵を知れ、ということでノミについて調べてみました。詳しくはここをご覧ください。おどろきな部分はさなぎは近くに獲物がいることを振動や体温、二酸化炭素で察知し、それに反応して羽化する、というところ。そして羽化したら早速吸血を始めるんだそうです。。自然界はうまくなっているなぁと感心…してる場合ではなく、とにかく毎日ベッドは掃除機で念入りに掃除していて、今日は被害はありませんが、昨日刺された場所はたんまり吸血されたみたいで、直径5cmぐらい赤くなっております。かいいいいいいいいいーーーーー!

この戦いいつまで続くのーー!

犯人は、近所に住んでいる猫か、義両親の家の近くにいる猫か、どちらかです。多分義両親の家の近くの猫だと思うなーー。私のひざに乗って遊んでたし、そのときに卵が服のどこかに引っ付いてそれがどうにかなったんだとしか考えられないです。近所の猫はひざには乗ってこないからね。もう、猫はこりごりです。触りたくもありません。子供や夫にも禁止令発令中です。
[PR]
by hagebutte | 2007-04-28 19:50 | ドイツの草花、動物たち

自然は好きなんだけど。。

虫系の話に弱い方、ご注意ください!^^

最近、暑いぐらいのドイツ。完全に異常気象真っ只中です。そのせいで虫たちも活動的なのか、最近私だけが虫に刺されまくっております。子供と一緒に外に出たり、猫に触ったりする機会も多く、どこかでノミをもらってきたらしく(きゃーー)、足首を夜に刺されまくってしまいました。かゆいの何のって。。。蚊の比ではなく、それが何日も。その虫の正体が全く分からず、先週の土曜日、胸の辺りを2mmぐらいの虫がごそごそしてるのに気づき、捕まえようとしたら、ピョン!と飛び上がるではないですか!ペッタンコで、手でなかなか殺せず、指とつめの間に入ったのでそこでぎゅーーっとしてもまだ動きよる!本当に爪と爪で押しつぶしたら、血が出てくるではないですか!!まさかそれが正体だとは思わず、びっくり。あとで首の辺りをやっぱり刺されていて、こいつか!とやっと正体がわかってほっとしたような。。。その後早速2階からベッドを運びおろして、ぜーーーんぶカバーも何もかも60度で洗濯。その後被害は無くなったので、一応退治できたのでしょう。(そう願いたい)

そうやってほっとできたのもつかの間。昨日プレイグループでお天気が良かったので、公園に。もう外に出るときには私は虫除けは欠かせないんですが、刺されるのは決まってなぜか夕方。プレイグループは午前中なので大丈夫だろうと思い、スプレーはせずに出かけたら案の定。。。スニーカーソックスとズボンのほんの数センチあいた私の足にまた何かチクッ!手で殺しましたが、ときすでに遅し。今日の私の左足首はゾウのように腫れ上がっており、痛がゆい!靴も履けないよーー。帰ってから夫に聞いてみるとBremse(アブの仲間)じゃない?とのこと。

そもそも、家族の中で私だけです、刺されるのは。虫には好きなにおいがあって、刺される人と刺されにくい人とあるみたいです。ノミも私だけです、刺されたの。しーかーも、今まで30年以上刺されたことが無い虫に刺されてしまうと、私の体はどうも過剰反応するようで。。。ひっかくな、といわれても無意識にボリボリかいてしまいます。。あぁ、これから夏はどうなるんだーー。今年は子供も動き回れるし外に出ない、というわけには行かないしなぁ。
[PR]
by hagebutte | 2007-04-26 21:10 | ドイツの草花、動物たち

ありーーー!!!

って、何のこっちゃとお思いでしょう。蟻なんですよ、アリ!!どうやらアリの巣が壁の中にあるのか、壁ぎわにむぉーーーっと羽アリの大群が。。。掃除機で吸っても吸っても出てくる。しかも、羽アリは夜に出てくるみたいで、夕方からいっぱい顔をだします。

「ありさんとありさんが こっつんこ」という歌みたいにはかわいくないです。

羽アリは次の女王さんになるようですが、こんな沢山女王さんはいらん!3年ぐらい前にも1度出たのですが、この2年間は一度も被害がなかったのにぃーー!

これを書いている間にもどんどん出てきます。。掃除機で吸いまくるぞ!
[PR]
by hagebutte | 2006-07-24 04:08 | ドイツの草花、動物たち

ハチの巣、解体

b0008366_23251647.jpgハチの巣は、早速女王さんがいないうちに撤去しました。女王蜂は殺していないので、一応平和的解決ということで。。。

というわけで、ハサミで切って中を見てみると。。。すっごーい。お部屋にちゃんとなっていて、各部屋に卵がありました。(写真はクリックで大きくなります)

成虫が2cmと、小さいものなので、このお部屋一つ一つも5mmあるかないかぐらいの、かわいいものでした。外壁も薄くて紙みたいでした。
[PR]
by hagebutte | 2006-05-07 23:46 | ドイツの草花、動物たち

珍客

b0008366_328199.jpg屋根裏部屋に私たちは洗濯物を干しているのですが、最近何だかハチが屋根裏に入り込んでいるのを目撃。「巣をつくらなきゃいいけど」と話していたのですが、やっぱり作ってました。。。このハチはスズメバチの仲間ですが、2cmぐらいの小さなハチ。女王蜂がせっせと巣作りに励んでいました。昆虫好きの私はこのままずーっとどうやってこの巣が大きくなっていくのか見てみたいけど、ここのサイト(ドイツ語)(幼虫の写真とか嫌いな方は見ちゃダメよ)には巣の直径30cm、ハチの数6000~8000匹ぐらいになると書いてあるし、中の幼虫が成虫にならないうちに、女王蜂がいない時を見計らって取り壊すつもりです。また中をハサミで切って写真を撮って公開します。(え?見たくない?)

写真の巣はまだ3cmぐらいです。ちなみに外に見えている丸いものは外敵から守るためと、中の温度を一定に保つためのもので本当の巣は中にあり、6角形の幼虫の部屋があります。数が増えてくると外の丸い壁では狭くなってくるので取り壊してもう一つ外側に壁を築きます。写真を見ていただけると、上に傘みたいなのが見えてますよね。それが次の壁になります。
[PR]
by hagebutte | 2006-05-07 03:47 | ドイツの草花、動物たち

つくしって

b0008366_3171268.jpg日本固有のものだっていうイメージありません?私はかなりありました。が、ドイツにも沢山生えてるんですよ。もうすぐ終わりのようですが、つくしはドイツでも沢山見られます。

最近は私の実家の近くでもほとんどみられなくなりました。それだけつくしはデリケートなのかもしれませんね。

ところで昔、つくしは食べられるけれどとっても苦い、と聞いたことがありますが、食べたことはゼロ。夫にそれを話してみると、こちらではこのつくしをお茶にするんだそうな。夫は飲んだことがあって、やっぱりとっても苦いらしいです。いつか飲めるかな、つくしティー。
[PR]
by hagebutte | 2006-05-04 03:22 | ドイツの草花、動物たち


2001年~2009年7月までドイツで、2009年8月より千葉で生活しています。男の子二人のママです。


by hagebutte

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

現在のPassauの気温と時間








リンク
農家の嫁の事件簿
Lindes Huesli
上海マダムへの道
minimalizm
ドイツ&親ばか日記
しゅるさんちの日記
Life In America

メールアドレス:aowablau@yahoo.co.jp(@は半角になおしてください)

フォロー中のブログ

花茶Tagebuch
旅に出ねば
フェリエンログ
ワイン山の麓から
ヲタク主婦のひとりごと@ドイツ
美食通信@ドイツ
フェリエンログの舞台裏
ドイツ人的生活のススメ
Dancing RIS ...
auf der Terr...
Momoちゃんの海外生活
村人生活@ スペイン
Diario de Marco
moonrise at ...
じゃーまんキッチン
凸凹ママパパの子育て奮闘記
whitemoment
Toujours
ドイツで暮らしてま~す☆育児編
農家の嫁の事件簿 +(ぷらす)

最新のトラックバック

花と緑でやすらぎを ~ス..
from 花と緑でやすらぎを ~スペイ..
路地
from 旅する家職人
万年筆
from ちゅる風呂
嫌われもの&厄介なハーブ?
from Lindens Huesli 
本当に朝(!)顔?
from auf der Terrase 

カテゴリ

ドイツ
ドイツ語
ドイツ生活
ドイツの草花、動物たち
育児
妊娠
食生活
日本再発見
お料理
ガーデニング
へぇ~
更新情報
趣味
その他イロイロ
トマト観察
長男
次男
兄弟
国際引越し
千葉の生活
加賀ゆびぬき

ライフログ

赤ちゃんがすやすやネンネする魔法の習慣
人間の証明
プラハの春〈上〉
白い巨塔〈第1巻〉
大地の子 (1)
ドナウの旅人
ヘンデル/オラトリオ「メサイア」
モーツァルト:レクイエム
子どもが育つ魔法の言葉
子どもへのまなざし
肩ごしの恋人

以前の記事

2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧